お髭処blog

ドイツのものを中心としたボードゲーム・カードゲームのプレイ記録・感想を中心としたブログです。最新のドイツゲームから、紀元前から伝わるゲーム、旧西ドイツ製のレアゲーム、日本伝統の博打まで幅広くプレイしています。

か行

近衛兵/Die Pratorianer - 古代ローマの新しいゲームより

「元老院議員/Sanator - 古代ローマの新しいゲームより」の続きです。「古代ローマの新しいゲーム/Neue Spiele im alten Rom」に収録されている14のゲームのうち、「近衛兵/Die Pratorianer」を4番目に遊びました。近衛兵は、10分で終わるということにな…

元老院議員/Sanator - 古代ローマの新しいゲームより

「大競技場/Circus Maximus - 古代ローマの新しいゲームより」の続きです。「古代ローマの新しいゲーム/Neue Spiele im alten Rom」に収録されている14のゲームのうち、「元老院議員/Sanator」を3番目に遊びました。元老院議員は、古代ローマの新しいゲー…

大競技場/Circus Maximus - 古代ローマの新しいゲームより

「歴史の糸車/Das Rad der Geschichte - 古代ローマの新しいゲームより」の続きです。「古代ローマの新しいゲーム/Neue Spiele im alten Rom」に収録されている14のゲームのうち、「大競技場/Circus Maximus」を2番目に遊びました。大競技場は、古代ロー…

歴史の糸車/Das Rad der Geschichte - 古代ローマの新しいゲームより

ローマ創設の何世紀も昔、アペニン半島には既に様々な人々が住んでいました。ラテン人、サビニー人、ウンブリア人、エトルリア人、サムニウム人などです。人々は互いに交わりました。イタリアは諸文化そして社会階級の坩堝となったのです。ある者達は興隆し…

古代ローマの新しいゲーム/Neue Spiele im alten Rom

古代ローマの新しいゲームは、ライナー・クニツィアによるデザインの14ものゲームが詰まったボードゲーム集です。複数のゲームで共用するコマやお金的チップ、数字の書いた複数色のチップ、4枚ものゲームボードなどが入っています。4人で集まって、これらの…

キャプテンキッド/Capt'n W. Kidd

カフナの人によるデザインらしいアブストラクトゲーム集(非アブストラクトゲームも有)。3つのルールが入っています。ゲーム会の隅っこでひたすら二人でプレイ。タイトルのように、海賊の駒を動かすのは共通すルールです。面白いのは駒に前後の概念があると…

空手トマト/Karate Tomate

ライナー・クニツィアによるデザインのカードゲーム。割と新作。大作といった風ではないけれど面白い。3人から10人までと対応人数が幅広い。今回は5人でプレイ。各プレイヤーは数字カード(=野菜人間の空手家)を手札として持ちます。これで空手の試合を繰…

カール大帝/Carolus Magnus

レオ・コロヴィーニによるデザインのボードゲーム、カール大帝。2000年の作品。 今回2人でプレイ。 苦しい感じが楽しいです。複数ある島(領土)がくっついて数が変わってくるので、ルールが変わるわけではないのに、序盤、中盤、終盤で展開が変わってくるの…

ケルト追加ボード/Keltis Neue Wege Neue Ziele

最近はケルト本体を買うと一緒についてくるというケルト追加ボード。 ケルト(無印)は当時プレイしても面白さが伝わってきませんでした。ロストシティと比べて刺激が足りないと思いました。しかし、ドイツ年間ゲーム大賞を受賞し、高評価する人もインターネ…

キルDr.ラッキー 19.5周年完全版/Kill Dr. Lucky + ラッキー邸からの脱出バリアントルール

ドクター・ラッキーに殺意を持つ者達がラッキー邸に集います。誰もが、ドクター・ラッキー殺害を試みますが、誰も見ていないところでしか実行できません。さて、誰がドクター・ラッキーを殺害できるでしょうか。 他プレイヤーがドクター・ラッキーを殺害でき…

クアックサルバー/Die Quackalber von Quedlinburg

現代的なバースト系ゲーム。ゲームのタイトルは最近Twitterでよく目にしていたけれど、最近プレイすることができました。 各プレイヤーは、自身専用の薬袋を持っています。ゲームではチップを獲得し、その袋に入れてゆきます。デッキ構築です。「オルレアン…

クー/Coup

英語の「Coup」とは、クーデターのこと。イタリアの都市国家を舞台に、各プレイヤーは各自の一家による権力掌握を目指し、他のプレイヤーの関係者を排除します。 正体隠匿のシステムを理詰めでプレイするイメージ。 ニムトサイズの小さな箱(テンデイズゲー…

ゴールドラッシュ/Gold Rausch

ゴールドラッシュは、ライナー・クニツィアによるデザインのカードゲーム。1990年作品。 全員共有の山札から1枚引いて、人間のカードならば中央よりも左側に、コインのカードならば右側に置きます。人間のカードならば置く際に自分のコマをその上に置く事が…

ケチャップ/Ketch Up

レオ・コロヴィーニによるデザインの子供向け(?)カードゲーム。 ルールはものすごく簡単。3、4、5、6、7のカードを手札から1〜3枚選んで場に並べます。数字と枚数が一致したら場のカードを引き取ります。1枚1点でカウントして得点高い人が勝ちです。 昨日…

ごきぶりキッチン/Kakerlakak

電動のごきぶりおもちゃが走り回る! 各プレイヤーはごきぶりが越えられない壁を動かして、たまたま自分自身側の穴に落ちてくれることを目指します。 音がカタカタいうのも楽しいし、微妙な揺れがそれっぽい。今回録画した動画を見てもらうと魅力が伝わると…

ザ・ゲーム/The Game

小箱カードゲーム。協力ゲームです。つまり、プレイヤー全員が(システムに対して)勝利するか、全員が敗北となります。 手札からカードを場に並べます。多くの枚数のカードを出さないと敗北ですが、並べ方にルールがあるため、なかなか思った通りにはいきま…

ケルトカード/Keltis das Kartenspiel

ケルトカードは、2008年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞した《ケルト/Keltis》のカードゲーム版です。 カードゲームのロストシティが元になってケルトが作られたんじゃ…じゃあケルトカードとは一体何となりますが、ロストシティが2人専用なのに対してケルトカ…

カラデールの城/Castles of Caladale

各プレイヤーはタイルで自分自身の城を築きます。城が大きければ大きいほど得点です。他にも屋根を乗せると追加得点など、城の完成度が上がれば上がるほど得点が入ります。 テーブル中央のゲーム盤には、9枚のタイルが乗っています。手番が来たら、そこから1…

ケルトタイル/Keltis Der Weg der Steine

2008年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞した、ライナー・クニツィアによる《ケルト/Keltis》のタイル版。 テーブル中央に全てのタイルを裏向きにして広げます。手番が来たら、一枚めくります。それを手元に持って来て、ルールに従って色別に列にします。並べら…

グリュックス/Glux

メビウスゲームズから日本語版も発売されたグリュックス。 碁盤の目状の盤面に、幾つも島があります。その各島を陣取り。 手番になったら、袋からチップを引きます。このチップで陣取りをします。チップは3種類。6面ダイスに似ていて、1と6、2と5、3と4がそ…

コールトゥグローリー/Call to Glory

ミヒャエル・シャハト(シャフト)によるデザインのカードゲーム。《クレイジーチキン》というゲームのリメイクとか。今回3人でプレイ。クレイジーチキンは2人専用だったとか。 ルールを読んだ時点では単純すぎて、「これゲームになってるの?」と疑問に思う…

狂気山脈/Mountains of Madness

狂気山脈は、H.P.ラヴクラフトによる怪奇小説、いわゆるクトゥルフ神話をモチーフとしたボードゲームです。協力ゲームで、プレイヤー全員がチームとなって協力し、全員で勝利を目指します。全員が勝利する、あるいは全員が敗北する結果となります。 −1931− …

画数歌留多

ルール サイコロ2個で出た目に一番近い画数の熟語を取ってね。 プレーヤーのうち1名がサイコロを振り、5カウントを取ります。 サイコロを振った人も含めて、全員5カウントのうちにカードを1枚取ります。取ったカードの画数は自分だけ見ます。 5カウント後…

5本のキュウリ/Funf Gurken

《5本のキュウリ》はトリックテイキングゲーム。スカンジナビアの《アグルカ/Agurka》というゲームをフリーゼがリメイクしたそうです。 最後のトリックに負けると失点で、キュウリコマを取らされます。一定本数以上のキュウリを取ってしまうと、「お漬物」…

かうんとり/Count leery

《かうんとり》はゲームマーケット2017秋で購入したばかりのカードゲーム。鳥と数え上げるという意味の駄洒落!? 実に斬新なシステムで、頭と体の反応速度を競います。 平等のために書いておくと、これを作った OKAZU brand の方々とは一緒にボードゲームを…

ごいた を3人で

能登半島は宇出津(うしつ)のみに伝わり、近年広がりを見せる《ごいた》。 ピグフォンの3人用ルール(ルール監修・草場純)でごいたを遊びました。 3人用、これがなかなかそれらしくプレイできます。これで改めて思うのは、本来の4人用の完成度の高さ。そし…

ゲシェンク/Geschenkt

ゲシェンクは以前プレイしたことがあったのですが、あまり面白さがわかりませんでした。定番と呼ばれているゲームなのに。最近またプレイする機会があり、急に面白さがわかってきた気がします。 このゲームの面白さは欲望を丸出しにすることを肯定するところ…

カフェインターナショナル/Cafe International

クラシックなドイツゲームといえるでしょう。カフェインターナショナル。1989年ドイツ年間ゲーム大賞受賞作品。東西ドイツ統一前ですね。 昔のゲームとか、非常にファミリー向けという評判も聞いていました。ですので、そんなに大きな期待はしていませんでし…

クワークル/Qwirkle

邦題はクワークルだけでなく「クゥワークル」、「クアークル」なども。 2011年ドイツ年間ゲーム大賞受賞作品。当時は受賞に値するのかなど物議を醸し(→「play:game ボードゲームデータベース」、「クワークル、わるくない! :: ドロッセルマイヤーズ ブログ…

コンプレット/Completto

最近の大のお気に入り。「《ラックオー/Rack-o》だね」と皆さんが言っていました。 目的は手元に一列に並んだタイルを誰よりも早く数字の順に並べることです。最初はほとんどが裏向きですが、全て表向きにする必要が有ります。テーブル中央から取ってくると…