お髭処blog

ドイツのものを中心としたボードゲーム・カードゲームのプレイ記録・感想を中心としたブログです。最新のドイツゲームから、紀元前から伝わるゲーム、旧西ドイツ製のレアゲーム、日本伝統の博打まで幅広くプレイしています。

わ行

ワードラミー牌

「平日夜 溝の口ボドゲ会 に初参加」にてプレイ。 誤解を恐れず言えば、ラミィキューブのタイルをひらがなに置き換えて、言葉や文章を作るゲーム。つまり、手牌や場に出た牌を使って時間以内に言葉や文字を場に作り、誰よりも早く手牌を使い切ることを目指し…

ワールドモニュメント/World Monuments

恐ろしく未来まで見透さなければならない半アブストラクトゲームでした。プリミティブな歓びと計算が両立する面白いドイツ的ボードゲーム。 建築する建物により難易度が変わるのも面白い。 2人でプレイしたので、多人数でのプレイ感の違いもぜひ味わいたいと…

ワン・ツー・スリー ゲーム

これはハートに響いたゲーム。 三目並べなのですが、それをアクションゲームにしたのが面白いですね。 写真のゲーム盤中央が三目並べ盤。そこから伸びた台から、コイン状のプラスチック駒を転がしはめ込みます。 三目並べがシンプルな分、アクションに集中で…

ワードポーターズ/Word Porters

OKAZU brand の新作同人ゲーム。 これは面白い。 自分が担当のキーワードを伝えるべく、優先順位をつけるのも面白いし、できたらもう黙っていたいのに、余ったチップをヒントカードに無理やり乗せていくのも面白い。 「スフィンクス」と「ピラミッド」が同時…