お髭処blog

ドイツのものを中心としたボードゲーム・カードゲームのプレイ記録・感想を中心としたブログです。最新のドイツゲームから、紀元前から伝わるゲーム、旧西ドイツ製のレアゲーム、日本伝統の博打まで幅広くプレイしています。

グレンモアII:クロニクルズ/Glen More II: Chronicles

f:id:higedice:20200213102400j:plainf:id:higedice:20200213102353j:plainf:id:higedice:20200213102347j:plainf:id:higedice:20200213102341j:plainf:id:higedice:20200213102335j:plainf:id:higedice:20200213102329j:plainf:id:higedice:20200213102322j:plain

「グレンモアII:クロニクルズ」は「グレンモア」の続編です。昨年末に日本語版が登場したばかり。前作グレンモアに近いルールに拡張セットを複数付けて、コンポーネント・用具も豪華版になったような、すごく大きな箱に入ったボードゲームです。

コインなどの質感も極めて良く(コインは別売りかも)ゲームのプレイでの満足感が高い。コマも前作グレンモアでは四角い木のキューブだったのが、牛や麦や樽の形をしています。とてもいい。

今回は一番基本的なルールでプレイ。

前作グレンモアと比較して、ゲーム盤が2枚に増えややプレイ感が重くなりました。他は前作グレンモアにとても近いプレイ感です。つまり、ロンデル的仕組みでタイルを獲得して領地を拡大して、そこで各種資源を生産し、ウイスキー醸造等を行なって勝利点を獲得します。独特なゲーム性とアレアブランドに相応しい王道クオリティを両立したボードゲームでした。

前作グレンモアはシンプルな作りでした。これをどう拡張してゆくのか、各追加ルールが気になるところです。

リンク


「グレンモア2」- 豪華コンポーネントの開封&紹介【ボードゲーム】

グレンモアII:クロニクルズ

グレンモアII:クロニクルズ

  • メディア: おもちゃ&ホビー

[PR] Amazon インディーズ ボードゲーム