お髭処blog

ドイツのものを中心としたボードゲーム・カードゲームのプレイ記録・感想を中心としたブログです。最新のドイツゲームから、紀元前から伝わるゲーム、旧西ドイツ製のレアゲーム、日本伝統の博打まで幅広くプレイしています。

な行

ナイアガラ/Niagara

2005年ドイツ年間ゲーム大賞受賞作品、ナイアガラ。豪華なコンポーネントが印象的なボードゲームです。各プレイヤーは舟を2そうずつ動かします。川の上流に舟のスタート地点があります。川沿いにダイアモンドが色別に分けて、それぞれ別の場所に置いてありま…

ナンバー・ワン/Number One

アレックス・ランドルフの遺作という話。レオ・コロヴィーニ含む4人の作品。 多人数アブストラクトゲーム。つまり、運の要素がない理詰めのゲームです。 今回は2人でプレイ。 「それはオレの魚だ! 」的陣取りです。だんだんと土地が狭くなってきます。 コマ…

にわとりも歩けば/Blindes Huhn extrem

にわとりも歩けばは、トリックテイキングゲームです。コロレットやズーロレットのミヒャエル・シャハト(シャフト)によるデザイン。 スートはなく、各プレイヤーが1枚ずつカードを出して、数字が一番大きい人が勝ちます。そして、その時に出したカードを総…

《マンゴタンゴ/Mango Tango》を《ネブラスカポーカー/Nebraska Poker》のルールで

マンゴタンゴとネブラスカポーカーは同作者によるゲームで、一方が他方のリメイクとのこと。今回、コンポーネントはマンゴタンゴを使い、一番面白いらしいネブラスカポーカーのルールでプレイ。 2人いるデザイナーの1人はレオ・コロヴィーニです。 まず、擬…

ノームの村/Schuettel's

ノームの村。「平日夜 溝の口ボドゲ会 に初参加」にてプレイ。 お金を誰よりもたくさん集めることを目指します。カップに人型のノームコマ(パンデミックなどで使う形のポーン)を15個入れます。それをダイストレイに降り出します。いくつ降り出したかを数え…

ナッシュ/Knatsch

コロレットやズーロレットと同じデザイナーによるダイスゲームです。 ニムトやコロレット、ハゲタカのえじきと同じサイズの小箱ならが、ダイスが6つも入っているダイスゲームです。 小箱ながら騎士で城攻めをしている感覚が味わえるのが印象的。 関連ゲーム…

ねずみ海賊ラッタニア/Rattaneer

《ねずみ海賊ラッタニア》はゲームマーケット2017秋で購入したばかりのボードゲーム。 正統派で完成度の高いゲームと感じます。1時間かからず終わるのも好み。 平等のために書いておくと、これを作った OKAZU brand の方々とは一緒にボードゲームを遊ぶこと…

二枚目が好き/3 sind eine zu viel!

地味な箱絵とメビウスゲームズの超訳タイトルに惹かれて購入。小箱カードゲームです。 少しニムトに似ています。ニムトのような派手さはありませんが繊細に作られているように思えます。選択によって結果が大きく変わるので考えどころがあります。 気軽に遊…

夏休み大作戦

ゲームマーケット2016春新作。 ジャポニカ学習帳を連想させるコンポーネントがいい。 2段階の競りを行います。《フォー・セール》(→第1回 高円寺盤遊会)を連想させますが、プレイ感はだいぶ違いました。 イラストを見て夏の思い出を連想する人の心に強烈に…

《ニッポン:明治維新/Nippon》その2

Nippon from [twitter:@WhatsYourGameEU]。 「《ニッポン:明治維新/Nippon》」(11月15日の記事)に書ききれなかったことを書きます。 最初に目につくのは、ワーカープレイスメントの逆をやるところ。取ってくる。その際コマに色が付いていて手元に残るそ…

《ニッポン:明治維新/Nippon》

今月の What's Your Games 会は明治産業研究。新作ボードゲーム《ニッポン:明治維新/Nippon》を遊びます。プレイヤーは4人。 箱に漢字で「明治維新」とありますが、ドイツのゲームです。→シュピール15:ホビージャパン、新作輸入リスト第1弾を発表 - Table…

にょきににょきウドラ - 立川市公認なりそこねキャラクターのボードゲーム

お買い上げは立川に膨大な数の店舗を持つオリオン書房で(?) リンク ウドラ公式サイト | 立川市公認なりそこねキャラクター - http://udolla.jp/ ウドラ初のボードゲーム『にょきにょきウドラ』発売決定! | ウドラ公式サイト - http://udolla.jp/news/757…