お髭処blog

ドイツのものを中心としたボードゲーム・カードゲームのプレイ記録・感想を中心としたブログです。最新のドイツゲームから、紀元前から伝わるゲーム、旧西ドイツ製のレアゲーム、日本伝統の博打まで幅広くプレイしています。

ベルラッティ/Belratti

f:id:higedice:20200201000156j:plainf:id:higedice:20200201000202j:plainf:id:higedice:20200201000209j:plainf:id:higedice:20200201000215j:plain

ベルラッティは協力ゲームです。つまり、プレイヤー全員が協力して難題に立ち向かい、全員が(システムに)勝利するか、全員が敗北となります。美術品市場にベルラッティによる贋作が流入してきます。それを見抜くのがプレイヤーたちの仕事です。

小箱カードゲームで、ニムトサイズの箱を開けると180枚ものカードが入っていて圧倒されます。

テーマ・モチーフとプレイ感が一致しているのがいいですね。作品群の中から、限られた情報をもとに連想で贋作を見抜こうとします。「ベルラッティ、いい仕事しますね」となってきます。そして、「だんだん(プレイや同士が)通じ合ってきた!」となりました。

手軽な協力ゲームとして面白いと思います。プレイヤーの対応人数の幅広さもいいところ。

今回6人でプレイ。1ゲーム目は13点で敗北。2ゲーム目は29点でなかなかいい点数した。

リンク

[PR] Amazon インディーズ ボードゲーム