お髭処blog

ドイツのものを中心としたボードゲーム・カードゲームのプレイ記録・感想を中心としたブログです。最新のドイツゲームから、紀元前から伝わるゲーム、旧西ドイツ製のレアゲーム、日本伝統の博打まで幅広くプレイしています。

ジョジョの奇妙な冒険アニメをここまで全部見たよ! URYYY

近況です。最近はアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」を第1部第1話から第4部まで全部見ました。テレビ放送中の第5部も毎週見ています。

原作漫画は20年近く前に読みました。当時連載中の第5部途中までは。2007年の第1部アニメ映画「ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド」(→「渋谷でジョジョの奇妙な冒険-明治神宮-新宿」)は映画館で観ました。

テレビアニメも大ボリュームです。

第1部の感想

ま、漫画が動いている! すごい! 原作漫画の雰囲気のまま動いている! 後に出てくるディオ初登場。全てはここから始まった感じがいいですよね。

第2部の感想

通好みの第2部。主人公は第1部の主人公の孫、ジョセフ・ジョースター。人間を超えた敵にも知恵で渡り合うよ!

「柱の男が、全身で仮面の男を食っている!」的セリフはすごく奇妙な冒険という感じがしていいですね。

第3部の感想

少年漫画度が高い第3部。ジョセフ・ジョースターの孫、空条承太郎が主人公。でも年齢を重ねたジョセフ・ジョースターも一緒に旅をするよ!

スタンドという新アイデアは独創的で魅力的。

にわかと思われるかもしれないけれど、僕第3部が好きなんですよ。少年漫画的な要素がふんだんに盛り込まれているというか。想像するに、週刊少年ジャンプの編集者による影響が多く反映されているのではないかと。

第4部の感想

打って変わって、日本の地方の町「杜王町」が舞台。日常に潜む悪の恐怖! ジョセフ・ジョースターも出てくるよ!

作者・荒木飛呂彦の作風が強く出ているんじゃないかなあ。想像するに、作者の好きに描いたところが大きいのではと。いいところも悪いところも含めて作風が出ているんじゃないかなあ。

原作もハイクオリティでしたが、音楽や映像も繰り返して鑑賞したくなるクオリティでした。

杜王町RADIOでDJを演じるバッキー木場は、千葉県出身の僕にはローカルFM曲bayfmでよく聞いた声なのでテンション上がりました。

第5部の感想

今毎週見てます!

リンク