お髭処blog

ドイツのものを中心としたボードゲーム・カードゲームのプレイ記録・感想を中心としたブログです。最新のドイツゲームから、紀元前から伝わるゲーム、旧西ドイツ製のレアゲーム、日本伝統の博打まで幅広くプレイしています。

法廷/Tribunal - 古代ローマの新しいゲームより

f:id:higedice:20190422223403j:plainf:id:higedice:20190422223414j:plainf:id:higedice:20190804174219j:plain

古代ローマの新しいゲーム/Neue Spiele im alten Rom」に収録されている14のゲームのうち、「法廷/Tribunal」を遊びました。後の(同じクニツィアによる)「クオバディス」に影響を与えたかもしれないゲーム。

被告人(コマ)がいて、裁判にかけられます。各プレイヤーは、その被告人が有罪になると得な人がいたり、無罪になると得な人がいたりします。ですので、プレイヤーは皆、お互いに交渉したり、賄賂を渡しながら、有罪無罪のための票を自身に有利な方へと変えてもらおうとします。

この交渉のプレイ感が非常に非常に重厚です。独自の賄賂の相場観が作られて、他プレイヤーの目的を探りながら賄賂を突きつけたり受け取ったり。その金額も他の交渉の指針になります。

ルールは極度にシンプルである意味プレイヤーへの交渉の指針が少ないので、ルールブックに記載があるとおりゲーム慣れした人向けの高度な作りかもしれません。

リンク

古代ローマの新しいゲーム 日本語版

古代ローマの新しいゲーム 日本語版