お髭処blog

ドイツのものを中心としたボードゲーム・カードゲームのプレイ記録・感想を中心としたブログです。最新のドイツゲームから、紀元前から伝わるゲーム、旧西ドイツ製のレアゲーム、日本伝統の博打まで幅広くプレイしています。

文教堂書店溝ノ口本店が1週間の改装期間を経て本日再開店2019

f:id:higedice:20190802222055j:plainf:id:higedice:20190802222048j:plainf:id:higedice:20190802222102j:plainf:id:higedice:20190802222108j:plain

田園都市線溝の口駅南武線武蔵溝ノ口駅近く、文教堂書店溝ノ口本店が1週間の改装期間を経て本日再開店しました。早速行ってきました。

4階文具売場は大きく変わっていました。棚が全体的に低くなっていて、広いフロアが大きく見渡せるようになっていました。おしゃれな平台もエレベーターを降りて目の前にあります。そちらの動線も重視しているのでしょうか。おそらく棚が低くなって商品が減るなか、心配していた高級筆記具は維持されていました。ただし、割引のカードは廃止されるとのこと。大変に残念です。

3階の漫画・コミックスと参考書売場は、少なくとも漫画売場はほとんど変化なし。

2階と1階はレイアウト・商品配置が大きく変わりました。2階にあったコンピューター雑誌と理数系雑誌は1階の雑誌売場に統合されて、1階の文庫本は2階に移動しました。全体的に棚の配置が大きく変わったので、これまで定型的になってしまっていた本屋内での移動範囲が変わって、普段見なくなっていた棚も眺めて回ることとなりました。楽しいことですね。大型書店は回りきるのが大変なのでつい、興味がある棚だけ回ってしまいます。規模が小さいと、全体をふらふらと眺めたりするのですが。

ちなみに次は2015年に撮影したお気に入りの写真。
f:id:higedice:20190802222356j:plain

リンク

[PR] Amazon インディーズ ボードゲーム