お髭処blog

ドイツのものを中心としたボードゲーム・カードゲームのプレイ記録・感想を中心としたブログです。最新のドイツゲームから、紀元前から伝わるゲーム、旧西ドイツ製のレアゲーム、日本伝統の博打まで幅広くプレイしています。

ロストシティ・ライバルズ/Lost Cities: Unter Rivalen

f:id:higedice:20200206215802j:plainf:id:higedice:20200206215741j:plainf:id:higedice:20200206215748j:plainf:id:higedice:20200206215754j:plain

ロストシティ・ライバルズは、ライナー・クニツィアによるデザインのカードゲーム。

ロストシティと言えば、ドイツ年間ゲーム大賞を受賞することとなる「ケルト」へと発展した2人用カードゲームです(実は2セットあると4人でプレイできるルールはある)。真剣勝負に耐えるゲームでした。今回のロストシティ・ライバルズは近年登場したゲームで、ロストシティに競り要素を加えたルールとなっています。

競りでカードを取得して、自分自身の前に色別に並べます。

今回3人でプレイ。

ルールに奇抜なところがなく、プレイしやすいのはいいところ。

シンプルな競りでカードを取得します。そして、そこに罠が。このロストシティ・ライバルズでは元祖のロストシティよりも望むカードが入手しやすく、不要なカードは入手しないでも済むのです。それに気づかず、他の人に渡したくないカードを取得、将来の手幅を極端に狭くしてしまいました

並べたカードは各色枚数が多いほど高得点となります。元祖のロストシティと比較すると、得点計算システムが改められて、自分自身の前に並べた枚数がより重要となっています。

この失敗が最後まで響いて、極端に低い点数に。ロストシティ経験が仇となってしまいました。

またプレイしたいゲームです。

リンク

ロストシティ:ライバルズ

ロストシティ:ライバルズ

  • 発売日: 2019/10/31
  • メディア: おもちゃ&ホビー
Lost Cities - Unter Rivalen (Spiel)

Lost Cities - Unter Rivalen (Spiel)

  • 作者:
  • メディア: おもちゃ&ホビー

[PR] Amazon インディーズ ボードゲーム