お髭処blog

ドイツのものを中心としたボードゲーム・カードゲームのプレイ記録・感想を中心としたブログです。最新のドイツゲームから、紀元前から伝わるゲーム、旧西ドイツ製のレアゲーム、日本伝統の博打まで幅広くプレイしています。

日本現代卓上遊戯史紀聞 [1]安田均 読了

f:id:higedice:20190318225931j:plain

「日本現代卓上遊戯史紀聞 [1]安田均」読了。

資料的価値も高いと思うし、読んでいて面白い一冊。日本のいわゆるアナログゲームコミュニティや市場の立ち上がりを当事者の言葉として聞くことができる。聞き手の言葉も秀逸。

SFサークルから人材が排出されてきたのが興味深い。当時ゲーマーはサークル破壊者的な非難はなかったのだろうか。RPG系サークルにおける Magic the Gathering プレイヤーなどのように。

1970年代末。既にSF翻訳家として名を成していた著者は、ロールプレイングゲームとの決定的な出会いを果たした後、あらゆるゲームジャンルの【カンブリア爆発】に遭遇し、猛然とその様相を書き記し始める。

現代日本における商業ホビーゲームと遊戯研究の受容過程を、インタビューを通じて記録する、「日本現代卓上遊戯史紀聞」第一巻。

【日本現代卓上遊戯史紀聞について】

1950年代アメリカにおいて、「子供のための遊戯」から離れたホビーイスト達のための商業ゲーム出版が始まりました。人類文化と遊戯との関係に不可逆的な変化をもたらしたこの波は1970年代には日本に伝わり、ここでも極めて大きな影響を及ぼすことになります。またこの時代は、遊戯研究の分野において海外で大きな進展があった時期でもあり、呼応する形で日本でも遊戯研究の機運が高まりました。

「日本現代卓上遊戯史紀聞」は、商業ホビーゲームや遊戯研究の日本における受容に関わった人々に対するインタビューを通じて、この波がどのようなものであったのかを記録しようとする試みです。

2018年2月25日発行

http://www.newgamesorder.jp/games/tablegamesinjapan_1

リンク

日本現代卓上遊戯史紀聞 [1]安田均

日本現代卓上遊戯史紀聞 [1]安田均

日本現代卓上遊戯史紀聞 [1b]安田均/補遺

日本現代卓上遊戯史紀聞 [1b]安田均/補遺