お髭処blog

ドイツのものを中心としたボードゲーム・カードゲームのプレイ記録・感想を中心としたブログです。最新のドイツゲームから、紀元前から伝わるゲーム、旧西ドイツ製のレアゲーム、日本伝統の博打まで幅広くプレイしています。

ピーパー/Peeper

f:id:higedice:20200215224813j:plainf:id:higedice:20200215224807j:plain

ピーパーは10年位前に日本のボードゲーム界で流行った、韓国のゲーム。牌を使うゲームで、当時は中国麻雀牌サイズの大きいものだったそうですが、その頃東京のサークルからカードゲーム版も登場したようです。今回は、昨年秋のゲームマーケットで購入した日本の麻雀牌サイズの小さな牌です。大富豪(大貧民)に似たところがあります。

ギャンブル感の高い、繰り返し系ゲームと思いました。

手牌(手札)を最初に全て出した人の勝ちです。

最初に配られる牌(手札)の次第のように見えて、展開によって手牌を出す順番をよく考えなければいけないし、手番を無視して割り込んで牌を出すことができる「ボム」や「マイン」があるのでカウンティングが重要になります。

作戦がうまくはまってガンガン手牌を出すことができたときなどはテンションが上がります。

短時間でいつ切り上げてもいい作りなので、ゲーム会での時間調整にもいいですね。

勝利した回の得点がものすごく大きく、逆転が難しいのではと思うところがありますが、この判断はもっとやり込まないと難しいですね。

今回は5人でプレイ。圧勝していい気分です。

リンク

ボードゲーム PEEPER ピーパー

ボードゲーム PEEPER ピーパー

  • メディア: おもちゃ&ホビー

[PR] Amazon インディーズ ボードゲーム