お髭処blog

ドイツのものを中心としたボードゲーム・カードゲームのプレイ記録・感想を中心としたブログです。最新のドイツゲームから、紀元前から伝わるゲーム、旧西ドイツ製のレアゲーム、日本伝統の博打まで幅広くプレイしています。

ブードゥープリンス/Voodoo Price



同出版社のスカルキングやバンパイアクイーンとはシリーズか?! ブードゥープリンスは、人気のボードゲームデザイナー、ライナー・クニツィアによるトリックテイキングゲームです。
トリックテイキングの王道を行くようなデザインが幹となっていますが、独特の一捻りが入っています。トリックテイキング部分は、5色、マストフォローのトランプ有り。本当に王道です。それゆえ楽しみです。
その一捻りが単純にして独特。先に規定回数トリックを取ると、そのラウンドはゲームから抜けて点数が入ります。この点数が、抜けるタイミングが後ならば後のほど点が高いのです。しかし、最後の一人となると、一番損となります。この抜ける順をコントロールする、すなわちトリックを取るだけでなく取らない事も含めてコントロールする事が肝となります。それもトリックテイキングの王道らしく楽しいところです。
今回失敗だったのは、3人でプレイした事。3人でも面白かったですが、4人以上、おそらく5人がもっと面白いと思います。3人だと、1人抜けた時点で1対1トリックテイキングという特殊な状況になってしまうし、微調整が難しいのです。2人は特別ルールがあるので、もしかしたらプレイ感が異なる楽しさがあるかもしれません。
高評価ゲームです。

リンク

Voodoo Prince - Familienkartenspiel

Voodoo Prince - Familienkartenspiel