お髭処blog

ドイツのものを中心としたボードゲーム・カードゲームのプレイ記録・感想を中心としたブログです。最新のドイツゲームから、紀元前から伝わるゲーム、旧西ドイツ製のレアゲーム、日本伝統の博打まで幅広くプレイしています。

アホーイ/AHOY

アホーイは非対称の条件で対戦するボードゲームです。新作です。

2人のプレイヤーがそれぞれ「青ザメ戦隊」と「ヌメヌメ連合」という海賊的な勢力を担当します。他のプレイヤー達は「密輸団」で、それぞれが独立した別の勢力です。3者それぞのルールも使用するコンポーネント(用具)も異なります。

各プレイヤーは各自のプレイヤーボードの空き枠に6面ダイスを配置してアクションを決定します。強力なアクションは出目が指定されています。戦闘で船がダメージを受けると枠がだんだんと使用不可となります。

同じく非対称戦と聞く「ルート」や「オース」と同じ会社からの事実上の続編のようです。

今回4人でプレイ。

前記の通り、2人のプレイヤーはそれぞれ別の勢力を担当し、残りの2人は密輸団です。僕は「ヌメヌメ連合」担当です。

まず、ルールがプレイヤー別に3種類あるのが大変で、インスト時間が長くなります。非対称戦なのでシステム上仕方がありません。

青ザメ戦隊とヌメヌメ連合の陣取り的争い(子分を設置してゆく)が基本です。ときどき戦闘も発生します。その合間をぬって密輸団が輸送をします。ゲーム盤的海域タイルは最初少数ですが、プレイヤー達の船がその外へと進むと新しいタイルを置いて行動範囲も広がります。

素朴にプレイするとヌメヌメ連合の能力が強力で、有利に見えます。それを前提として青ザメ戦隊が対抗策を考える。そして、その合間で密輸団が稼ぐ。そんな構図になりそうです。

プレイが1時間強級での普段遊ばぬ非対称戦は面白いものでした。やり込み系ゲームですね。