お髭処blog

ドイツのものを中心としたボードゲーム・カードゲームのプレイ記録・感想を中心としたブログです。最新のドイツゲームから、紀元前から伝わるゲーム、旧西ドイツ製のレアゲーム、日本伝統の博打まで幅広くプレイしています。

ペルガメムノン/Pergamemnon

f:id:higedice:20201018233405j:plainf:id:higedice:20201018233356j:plainf:id:higedice:20201018233402j:plainf:id:higedice:20201018233359j:plain

ペルガメムノンは古代世界のギリシャ、ローマ、カルタゴペルシャエジプト文明の指導者となり覇権を競うゲームです。歴史物のようであって、モンスターも登場する世界です。今回4人でプレイ。

カリスマでモンスターを従わせます。うまくいくとモンスターが自陣営に加わります。デッキ構築ゲームなのです。ただ、デッキ構築ゲームの代表的存在であるドミニオンがスピードを競うのに対して、他プレイヤーの文明を攻撃します。攻撃相手をプレイヤー自身が指定する、いわゆる直接攻撃です。ドイツゲーム的なトップ(一番勝っている人)を攻撃するのではなく、ウォーゲーム(シミュレーションゲーム)的に(と聞く)一番弱っている人を攻撃すべきなのではという場面がありました。

ドミニオンでキーとなる、「お金」、「勝利点」的要素に加えて、「戦闘力」的要素があるのが、デッキ構築ゲームとしての特徴なのではとの分析がありました。

リンク

06 PergamemnonをIrongames

06 PergamemnonをIrongames

  • メディア: おもちゃ&ホビー

[PR] Amazon インディーズ ボードゲーム