お髭処blog

ドイツのものを中心としたボードゲーム・カードゲームのプレイ記録・感想を中心としたブログです。最新のドイツゲームから、紀元前から伝わるゲーム、旧西ドイツ製のレアゲーム、日本伝統の博打まで幅広くプレイしています。

オイそれはオレの魚だぜ(それは俺の魚だ!)/HEY, That's My Fish(Pinguine!)

f:id:higedice:20200129230937j:plainf:id:higedice:20200129230923j:plainf:id:higedice:20200129230931j:plain

オイそれは俺の魚だぜは、ド定番アブストラクトゲーム。タイルの初期配置とプレイヤーの座席順以外に運の要素はありません。

ペンギンを動かして氷の下の魚を取ります。そして、取った魚の数を競います。床面の氷を表すタイルはどんどん減ってゆきます。タイルが減るとペンギンが移動して魚を取ることができる範囲が制限されます。そこに戦略が有ります。他プレイヤーのペンギンを動けなくしたり、自ペンギンだけが魚(タイル)を取ることができる範囲を作ったりするのです。

各タイルの魚には1-3と、結構大きな魚の数(点数)の差があります。これがプレイするたびに展開を変えるとともに、プレイの指針になります。また、目の前の利益と対局での利益のジレンマが有ります。

気軽に遊べばペンギンの見た目の通り楽しく遊べるし、チェスや将棋のように先の先まで読もうとすると、実力差が結果に出るシビアな競技性の高い遊び方ができると思います。

定番と呼べるボードゲームだと思います。日本語版は箱も小さく安価で手に入るのでおすすめ。写真はデラックス版です。なお、「オイそれはオレの魚だぜ」は以前の邦題で、「それは俺の魚だ!」は現在流通している日本語版のタイトルです。

リンク

それはオレの魚だ! (Hey Thats My Fish!) 完全日本語版 ボードゲーム

それはオレの魚だ! (Hey Thats My Fish!) 完全日本語版 ボードゲーム

  • 発売日: 2011/09/25
  • メディア: おもちゃ&ホビー
Hey That's My Fishおもちゃ[並行輸入品]

Hey That's My Fishおもちゃ[並行輸入品]

  • メディア: おもちゃ&ホビー

[PR] Amazon インディーズ ボードゲーム