お髭処blog

ドイツのものを中心としたボードゲーム・カードゲームのプレイ記録・感想を中心としたブログです。最新のドイツゲームから、紀元前から伝わるゲーム、旧西ドイツ製のレアゲーム、日本伝統の博打まで幅広くプレイしています。

ハリウッド・カードゲーム/The Hollywood! Card Game

f:id:higedice:20200129000814j:plainf:id:higedice:20200129000758j:plainf:id:higedice:20200129000806j:plain

ブルーノ・フェドゥッティとミヒャエル・シャハト(シャフト)のコンビによるデザインのカードゲーム。

映画を撮ります。スター人材をうまく確保し、感動的なシーンをたくさん用意した映画を撮った人が勝利です。

なんちゃって映画を撮っている感は意外と楽しい。

高度な「コロレット」? 未来を見通す力が必要かもしれません。つまり、この手を打つと、次の人がこうやって、その次の人がこうやって・・・という未来です。(ちなみにコロレットはこのゲームと同じシャハトによるデザインのカードゲーム)

短時間ゲームでありながら、プレイ感は重いと感じます。

最初3人で遊んで「び、びみょー」となったのですが、次に4人でプレイしたところかなり面白いゲームと感じました。

リンク

[PR] Amazon インディーズ ボードゲーム