お髭処blog

ドイツのものを中心としたボードゲーム・カードゲームのプレイ記録・感想を中心としたブログです。最新のドイツゲームから、紀元前から伝わるゲーム、旧西ドイツ製のレアゲーム、日本伝統の博打まで幅広くプレイしています。

ネット対戦の遅延が厳しい - ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクションインターナショナル


最近、ストII'ターボやスーパーストIIXを家からオンライン対戦しています。昔では考えられない贅沢です。
気になるのは遅延(ディレイ)が厳しい。ストリートファイター5では気にならないのに、スト2では気になる。これまで通信環境ではプレイしたことがないゲームだからでしょうか。それとも、それを前提としていない設計のゲームだから、わずかな遅延が気になるのでしょうか。
飛び蹴りをガードしたら、次の足払いを先読みして斜め下にレバーを入れないとガードできないし、もう一回跳び蹴りと使い分けられると厳しい。さらに、跳び蹴り、小足払い数発、跳び蹴りまたは投げなどとされるとかなり厳しい。そもそも、相手の対応は気にせずガンガン攻めるのはやりやすいけれど、相手の対応を見ながら単発の技をときどき当てていくプレイは難しい。
設定項目にオンラインプレイでの遅延具合を変更するかのようなものがあるのが気になるところで、それで解決するのか確認してみたいところです。(そんな魔法みたいなことができるのかは気になるところ)
ストIIIブロッキングなんてできるのかしら?
でも楽しいです。
ターボで弱いベガを使って対戦するのも、100円・50円がかからない道楽です。

リンク

[PR] Amazon インディーズ ボードゲーム