お髭処blog

ドイツのものを中心としたボードゲーム・カードゲームのプレイ記録・感想を中心としたブログです。最新のドイツゲームから、紀元前から伝わるゲーム、旧西ドイツ製のレアゲーム、日本伝統の博打まで幅広くプレイしています。

ケチャップ/Ketch Up



レオ・コロヴィーニによるデザインの子供向け(?)カードゲーム。
ルールはものすごく簡単。3、4、5、6、7のカードを手札から1〜3枚選んで場に並べます。数字と枚数が一致したら場のカードを引き取ります。1枚1点でカウントして得点高い人が勝ちです。

昨日は「なぜ『ケチャップ(ダミー/ヤミー/ゆかいなふくろ)』が様々なパブリッシャーから何回も出版されているのか」ということを話していた時間のほうが、そのゲームをプレイしている時間よりも長かった。

https://twitter.com/nemmy/status/983190229321314304

上記は一緒にプレイしたnemmyさんのツイートです。そのときの検討の結果はこうでした。

  1. カードを出したことでカードを取ることができる能動感。
  2. その繰り返しのグルーブ感。
  3. カード切れのカウンティング。
  4. 他人を利しないカードを判断し、手札を揃える判断の入門に。

実は今回は2回目で、以前プレイしたとき(2010年)にはこのように書きました。

ルールだけ読むと、子供の遊びに思えますが、他のプレイヤーに今は取らせておいて、大きく狙うか、細かく稼ぐか、ジレンマがあります。
でも、ちょっとしたゲームといった印象。

http://d.hatena.ne.jp/higedice/20100216/1266259774

マンゴタンゴ/Mango Tangoとは簡単なルールの食品シリーズなのではないかとの噂。

リンク

[PR] Amazon インディーズ ボードゲーム