お髭処blog

ドイツのものを中心としたボードゲーム・カードゲームのプレイ記録・感想を中心としたブログです。最新のドイツゲームから、紀元前から伝わるゲーム、旧西ドイツ製のレアゲーム、日本伝統の博打まで幅広くプレイしています。

Apple新宿へ開店日に行ってきた



昨日2018年4月7日(土)新宿にApple新宿が開店しました。以前はAppleの直営店は Apple Store という名前でしたが、最近はストアの文字がなくなりました。Apple Store 銀座もApple銀座になったと聞きます。そのApple新宿へ開店日の夜に行ってきました。
場所は伊勢丹向かいの丸井本店1階。「『街に溶け込み、人の集まるところになる』ということを目的としている。共通するのは屋内外を融合させたデザイン。Apple新宿の前面も横37m幅のガラスで構成されており、外からは中の様子が見え、中にいても街と接していられる、街に溶け込んだ店舗デザインが特徴」(→4月7日オープンのApple新宿、事前公開! 日本第二期ストア展開スタート | エイ出版社)だそうで、ガラス張りの外装が目立ちます。
混雑する店内。入って正面に大画面。Apple Store 銀座ではスクリーンのある専用のフロアがありましたが、新宿では販売・展示スペースと同じフロアに区切りなくあります。気軽に座って、あるいはついでにプログラムに参加したり見ることができそうです。行った時はGarageBandについてのプログラムの最中でした。
iPhoneのホームアプリやスマートスピーカーに対応した照明が並んでいるのが今どきだと思いました。50万円を超えるメモリを32GB積んだ iMac Pro を操作したり、店員さんに外国語で話しかけられたりと Apple Store らしい経験ができました。
一番印象に残っているのはiPhoneケースの展示棚。木の壁にiPhoneケースがずらりと並んでいます。これが実は引き出しになっていて、展示の商品が入っているのです。これは他の人が操作するのを見るまで気づかなかった。魅力的な仕組みです。これを含め、商品はバーコードをiPhoneApple Store アプリで撮影するとクレジットカード決済されて会計が完了するはずで、どれも他の店ではできない体験ができます。
ちなみに、この Apple Store アプリは、店内に入ると通知で案内が飛んできます。そうしない場合や高額商品など箱が置いていない場合は、レジはないので店員さんに声をかけるとその場で会計してくれるはずです(他店ではそうでした)。袋などは店内の机に引き出しがあって、どこでも取り出せるようなのです。


また、新宿らしいのはよく見えるガラスの外に「◯◯歳からの出会い系コミュニティ」と書いたものすごく大きな広告専用トラックが走っているのが見えるところでしょうか。ここは新宿の中でも歌舞伎町が近いところです。
東京に Apple Store が1件増えて、さらに場所も新宿というのはとても便利です。この勢いで、おしゃれスポットでない街にも出店するのでしょうか。

Apple 新宿
住所:
160-0022
東京都新宿区新宿3−30−13
新宿マルイ本館
03-5656-1800
営業時間:
月曜日 〜 日曜日: 10:00 a.m. 〜 9:00 p.m.

https://www.apple.com/jp/retail/shinjuku/

リンク

[PR] Amazon インディーズ ボードゲーム