お髭処blog

ドイツのものを中心としたボードゲーム・カードゲームのプレイ記録・感想を中心としたブログです。最新のドイツゲームから、紀元前から伝わるゲーム、旧西ドイツ製のレアゲーム、日本伝統の博打まで幅広くプレイしています。

テラフォーミングマーズ/Terraforming Mars


最近僕の周りで褒める声を多く聞くテラフォーミングマーズを初プレイ。
火星を人間が住めるように改良するのだ! 設定が熱い! しかし、それだけではないのだ!
2-3時間かかるやり込み系ボードゲームです。やりこんだ人ほど強くなるゲームだと思います。かと言って複雑で理解が難し過ぎてプレイが大変というゲームでもありません。きっと、オブラートに包むように複雑さを隠す仕組みが組み込まれているのだと思います。(同卓だった方々のフォローもあったと思います)
一枚一枚内容の異なるカードがたくさん入っています。この設定が火星を人が住めるように改良・開発しているようで胸が熱くなります。これが毎回の展開を異なるものにしているのです。 「けっ、どうせ毎回違う展開になれば喜ぶと思ってるんだろ」という気持ちにさせない不思議。
どうしても1回目は練習というふうになってしまいそうですが、ちゃんと細かいルールまで把握した状態でもう一度遊びたいと思わせるしっかりとしたボードゲームでした。
鉱石を連想させる金・銀・銅色の光るキューブも気分を盛り上げていいですね。
手元で数値を示すキューブの置き場所が狭く、動いてしまうのは悩ましいところ。早速改良したものを作っている人達もいるそうです。

日本語版が出ます。噂では、相当にSFを読んでいる方が翻訳しているとの事。楽しみですね。

リンク

テラフォーミング・マーズ 完全日本語版

テラフォーミング・マーズ 完全日本語版

  • 発売日: 2017/10/07
  • メディア: おもちゃ&ホビー

[PR] Amazon インディーズ ボードゲーム