お髭処blog

ドイツのものを中心としたボードゲーム・カードゲームのプレイ記録・感想を中心としたブログです。最新のドイツゲームから、紀元前から伝わるゲーム、旧西ドイツ製のレアゲーム、日本伝統の博打まで幅広くプレイしています。

一つの指輪、二つの指輪

一つの指輪はもうできた。今日は二つの指輪を取りに行く日だ。今、職場にいるのが問題だがね。根回しと言う日本的スキルをそれなりにできるようになってからでよかった。(暗号)
ところで、「At Dawn in Rivendell: Selected Songs and Poems from The Lord of the Ringsロード・オブ・ザ・リング〜リヴェンデールの夜明け」という CD があります。
映画の「ロード・オブ・ザ・リング」とは関係なく、原作の John Ronald Reuel Tolkien/J・ R・R・トールキン の小説、「指輪物語」に出てくる歌や音楽を実際に作ってみたという風の CD です。7、8年前に有楽町のビックカメラでたまたま見つけました。
ジャケットには、Christopher Lee/クリストファー・リーのアップ!

Lord of the Rings: At Dawn in Rivendell

Lord of the Rings: At Dawn in Rivendell

ロード・オブ・ザ・リング~リヴェンデールの夜明け

ロード・オブ・ザ・リング~リヴェンデールの夜明け

クリストファー・リーは、映画ではサルマン(長身の「悪い方」の魔法使い)を演じていました。映画をやっている頃に何かで読んだ記憶によると、高齢のクリストファー・リーは、リアルタイムで指輪物語原作を読んでいたファンで、本当はガンダルフ役をやりたかったそうです。僕はサルマンにピッタリで、本当にサルマンがいるように見えた映画には本当に感動しましたが。
さて、この「At Dawn in Rivendell: Selected Songs and Poems from The Lord of the Ringsロード・オブ・ザ・リング〜リヴェンデールの夜明け」という CD 、再生してみると、早速1曲目がクリストファー・リーによる朗読です。小説・映画でも最初にあるあれ、「一つの指輪は・・・」です。これだけでもう感激。
さらに、ゴンドールの歌はもう騎士たちの国の歌という雰囲気だし、トム・ボンバディル(映画には出てこないよ!)の歌も素朴かつ軽快で、ホビット庄を出たばかりのホピットたちの冒険を思い出させます。
とにかく、映画よりも小説が好きな人にはお勧めです。
むむ、今見つけたのだけれど、これ「Leaving Rivendell」は続編?
Leaving Rivendell

Leaving Rivendell

他にも色々あるのね。
指輪物語/ライヴ・オン・ステージ

指輪物語/ライヴ・オン・ステージ

The Tolkien Collection

The Tolkien Collection

↓小説
文庫 新版 指輪物語 全9巻セット

文庫 新版 指輪物語 全9巻セット